日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(205)
元気系(4)
いやし系(3)
恋愛系(17)
子育て系(2)
ペット系(140)
グルメ系(38)
レシピ系(11)
ダイエット系(5)
自慢系(1)
グチ系(2)
オシゴト系(7)
観察系(9)
旅行系(22)
釣り系(1)
映画系(42)
音楽系(26)
スポーツ系(18)
ゲーム系(8)
アニマン系(16)
ちとエエ話系(1)
小説系(1)
社会派系(305)
闘病系(23)
オトナ系(56)
おひさまセックス...
おひさま神宮外苑...
アイアン...
アイアン...
ぴあ映画...
今日の日...
くもりLENOVOのタ...
ニコックラブの...
あめあまちゃ...
急に書け...
投稿でき...
くもりiphone5買わ...
なんか書...
おひさま山下達郎...
るん♪山下達郎...
くもり山下達郎...
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 人生やり直しはいつでも可能さ日記.グルメ系日記
ゆーやけ
ゆーやけとりあえず系元気系いやし系恋愛系子育て系ペット系グルメ系
レシピ系ダイエット系自慢系グチ系オシゴト系観察系旅行系
釣り系映画系音楽系スポーツ系ゲーム系アニマン系ちとエエ話系
小説系社会派系闘病系オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆55才 1963(昭和38)年2月30日(魚座) B型 千代田/中央/港区在住/勤務 品川区/大田区出身 管理職 文系大学卒 年収 100円以上 土日祝日休み 家族と同居 既婚 一人っ子 ◆離婚経験無し ◆子供無し 車有り お酒を飲める 喫煙しない 170cm 67kg /普通体型 /B 90cm W 80cm H 90cm 黒髪 黒目 金肌 ◆好きな野球チーム: なし ギャンブルしない
◆趣味・興味: 音楽, 映画/ビデオ, 書籍/雑誌, インターネット, グルメ/食べ歩き, 酒/ワイン
作家QRコード
作家QR
 コード 
世の中には楽しいこともいっぱいあるね。
 
2018年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
    

→このジャンルの最初の日記
→全部で963日記/グルメ系日記が38日記

 次を見る>
[
北海道出張で、浜松町のDANという書店で、機内で読むおもしろい本を探した。
雑誌を探したが、おもしろいのがない。
クーリエはいいが、まだ売れ残っていた。
新潮社は、いい雑誌を出すがポピュラーではない。
昔、03TOKYO CALLINGといういい雑誌をだしていた。
マガジンのガリバーと同じぐらいいい雑誌だった。
だがいい雑誌は、消滅する運命にある。売れないのではない。制作費や編集費をカバーするほどの売上が上がらないだけだ。
金を考えるとすべからくリクルート的な雑誌づくりになってしまう。
おそろしいことに、広告だけだ。
日経BPのパソコン雑誌は、リクルート化している。
あれでいいのか。
で、いい本というのは、文春文庫の新刊だ。「陰謀の世界史」。
正面から陰謀史観のすべてに挑んでいる。
?野弘というひとは、どういう人か知らなかったが、非常に碩学。陰謀論も学術的なものばかりではなく、徳間書店で出しているような、要は太田竜が関与しているような右翼的な単行本も訴状に載せいているのがおもしろい。
だいぶ見直したし、おもしろい本を書く。
陰謀の本は90年代からあれこれ読んできたが、これほどコンパクトにしかし、体系的かつ批評的な本を各人はいない。
この人は筆力がある。
以外だった。いつもローマのどうでもいいことを、エスタブリッシュメントとして書いている人かと思っていたが、意外にエンターテインメントの人なのだった。
おもしろい。これは陰謀論をひとつでもかじったことのある人には、おもしろいし、再確認をすることのできる、教科書的なテクスト(70年代東大仏文科的でしょ?)となっている。
 
write: 千代田/中央/港区グルメ系日記■■2006.2.14■■
つながり >1 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
不都合な真実
不都合な真実 (書籍/雑誌)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



「陰謀の世界史」はおもしろい1ハート
北海道出張で、浜松町のDANという書店で、機内で読むおもしろい本を探した。
雑誌を探したが、おもしろいのがない。
クーリエはいいが、まだ売れ残っていた。
新潮社は、いい雑誌を出すがポピュラーではない。
昔、03TOKYO CALLINGといういい雑誌をだしていた。
マガジンのガリバーと同じぐらいいい雑誌だった。
だがいい雑誌は、消滅する運命にある。売れないのではない。制作費や編集費をカバーするほどの売上が上がらないだけだ。
金を考えるとすべからくリクルート的な雑誌づくりになってしまう。
おそろしいことに、広告だけだ。
日経BPのパソコン雑誌は、リクルート化している。
あれでいいのか。
で、いい本というのは、文春文庫の新刊だ。「陰謀の世界史」。
正面から陰謀史観のすべてに挑んでいる。
?野弘というひとは、どういう人か知らなかったが、非常に碩学。陰謀論も学術的なものばかりではなく、徳間書店で出しているような、要は太田竜が関与しているような右翼的な単行本も訴状に載せいているのがおもしろい。
だいぶ見直したし、おもしろい本を書く。
陰謀の本は90年代からあれこれ読んできたが、これほどコンパクトにしかし、体系的かつ批評的な本を各人はいない。
この人は筆力がある。
以外だった。いつもローマのどうでもいいことを、エスタブリッシュメントとして書いている人かと思っていたが、意外にエンターテインメントの人なのだった。
おもしろい。これは陰謀論をひとつでもかじったことのある人には、おもしろいし、再確認をすることのできる、教科書的なテクスト(70年代東大仏文科的でしょ?)となっている。
 
write: 千代田/中央/港区グルメ系日記■■2006.2.14■■
つながり >1 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
ブルガリ プールオム オードトワレ EDT 100mL 香水
ブルガリ プールオム オードトワレ EDT 100mL 香水 ()
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



『Hung Up』のレビュー
ABBAのギミーギミーギミーの主旋律を借り受けた導入部分でやられてしまった。マドンナは全作「アメリカン・ライフ」に続き、芸術的完成度の高い2枚目のアルバムを世界に発信した。年齢の割にはとか、マドンナを揶揄するアマゾンの若造の書き込みがあったが、70年代を知るものとしては、そしてサタデー・ナイト・フィーバーのあの熱狂と静謐を知るものにとっては、的はずれもいいところだ。マドンナの才能は、新しい旦那の元で大きく開花している。アルバムタイトルもいい。
 
write: 千代田/中央/港区グルメ系日記■■2006.2.11■■
つながり >1 ...つながり >1 ...日記QRコード
完全つながりアイテム
Hung Up
Hung Up (音楽/CD)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



イタリアワイン、神は細部に宿るハート
 とてもショックなことがあって、日記を書く気にならなかったけど、なんとか立ち直っている。
 人ごとだとどうでもいいことでも、自分に降りかかると、この世の終わりか、と思ってしまうことってある。
 しかしそれも誤解に過ぎない。時間というのはすごい。どんな衝撃的な事件も、風化させてしまう。どんな執着も、思い出になってしまう。
 苦しみは一時のこと。それはいままでの人生で十分に学習してきた。自己憐憫はそれほど長く続かないし、実際に仕事が忙しいから、じっと落ち込んでいることもできない。
 大人になるって、こういうことだったんだ。
 というわけで、安ワイン購入を続けている。
 昨日は、ALLORAというイタリアワイン。1380円也。安い!2003年という若さだけど、とてもおいしい。深みとまろやかさがあって、なんとなく避けていたイタリアワインに目覚めさせてくれる1本である。
 店頭で販売していた輸入業者の男性は、「これは丁寧につくっているからお買い得です」と述べた。そのとおりのできだった。味は貯蔵年齢ばかりではない。丁寧にいい状態でつくることによって、最初からビンテージの風格があるのだということがわかった。いかなるクリエイティブも同じである。まさに細部に神は宿るである。
 
write: 千代田/中央/港区グルメ系日記■■2006.2.11■■
日記QRコード
つながってる???アイテム
Apple iPod nano 4GBホワイト [MA005J/A]
Apple iPod nano 4GBホワイト [MA005J/A] ()
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



「依存症がとまらない」病院
 「依存症がとまらない」(衿野未矢著・講談社文庫・495円)読了。文庫書き下ろし。
 依存症の問題は、私自身の問題でもある。依存とは主体の逆転現象である。仕事よりも不倫が気持ちのなかで占める割合が大きくなるような。
 いまは安ワインへの依存だ。ワインがないと食事ができない。ワインがないと、食べ物が味気なくて志方がない。まあフランス人やイタリア人はすべからくそれが週刊となっているようだが、仕事の能率は落ちる。ときに飲み過ぎてしまう。飲み過ぎは及ばざる画ごとしで、クリエイティブな活動が何もできなくなる。
 もっともダメなのは、罪悪感を抱くことだ。あるアディクトによって失敗が重なると、焦燥感と罪悪感に包まれる。それが依存をさらに強化する。いつしかそこに浸っていることがふつうになり、何もする気が起きなくなる。
 いい加減な性格は、まさにいい加減であって、ひとつの偏った領域に偏って生活することの壮絶さが、軽いタッチで書かれている。ルポもこういうか売りのはすっと読めるので、物足りなさはあるにしても、寝転がりながら読むのにいい本だ。
 
write: 千代田/中央/港区グルメ系日記■■2006.2.10■■
日記QRコード
つながってる???アイテム
えいご日記  Amazon.co.jp特別企画商品
えいご日記 Amazon.co.jp特別企画商品 (PC ソフトウェア)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



ピーコックのオーストラリアワインケーキ
 経堂のピーコックでまた安ワインを購入。ピーコックの独自輸入の新世界ワイン。セブンーイレブンのシラーズ種に味をしめて購入。1080円也。
 ピーコックはけっこう信頼しているスーパー。先日のマルエツのようなことにはならないだろう。
 ちょっと期待大!
 がしかし、それまでにイタリアワインの相当いいのを飲んでしまったのだ。
 それ以前にコルクが抜けない。コルクであってコルクでないのは、なんかプラスチックみたいなのでできてる。さすが新世界ワイン。スクリューのもあるけど、こっちのほうがいいかな。そういえばセブンの「ウルフ・ブラス」はスクリューじゃなかった。あれってスクリューじゃなかったっけ?
 まあ、ワインの知識なんてそんな細かいの気にするつもりはないが、安ワインを漁ってみてわかったのは、ワインの世界はとてつもなく選択肢が多いってこと。
 元気があるときはいいけど、元気のないときは困る。
 その点、セブンのチョイスはいいかもしれない。いままで完全にはずれたことはない。
 オーストラリアワインもリーファコンテンナで、きちんと運んでいる。
 
 と長々と書いてきたが、ピーコックはハズレ!残念でした。若い上に香り、味わいとも軽いし、嫌いなジュース的味が残っている。スーパーのバイヤーの舌(あるいは委託先のベンダー)なんて、あてにならないなあ。
 その点、田崎氏はすごい。
 
write: 千代田/中央/港区グルメ系日記■■2006.2.8■■
つながり >1 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト【メーカー生産終了】
ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト【メーカー生産終了】 (ゲームソフト)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



安ワイン日記ケーキ
 安ワイン日記の続きである。今日また、新しいワインを買ってしまった。つーことは1日最低でもハーフボトルか。ちょっとの見過ぎかな。ハードリカーならもっともつし。
 今日買ったのは、1000円台のフランスワイン。「セリエ・レーヌ・マゴー・ビュゼ」と改訂ある。ボルドーの南の方の地方だそうである。ビュゼというのが地方の名前だ。輸入元は丸紅。
 で、飲んでみたが、まあふつう。
 感動もしないががっかりもしない。これは今日、マルエツで買った。マルエツは食品の品揃えは恐ろしく悪いが、ワインはまあまあ。2080円で、ムトン・ロートシルトのワインがある。wine cellarには高いワインもおいてあるが、安いのもあってよくわからない。けっこうカーヴ・ド・リラックスなんかがワインを供給しているスーパーマーケットが多い。
 そういえば成城石井も多かった。どうせなら紀ノ国屋が供給してくれればいいな。
 昨日飲んだセブンーイレブンのほうがおいしいかな。コンビニにスーパーがまったく太刀打ちできないのは、食の専門家としてはどうか。売り場も広いのに。
 スーパーの人もソムリエを自社養成すべきかな。
 そうでなかったら、田崎信也みたいな人に任せればいいのに。
 まあでも、マルエツはそんなに悪くない方だと思う。もっとつまみとか(オリーブとかひどい。瓶詰めしかない。セブンのデリスバーのほうがはるかにおいしいぞ)置いてほしい。
 ダメスーパーだよ、うちの近所のマルエツは。
 
 
write: 千代田/中央/港区グルメ系日記■■2006.2.6■■
日記QRコード
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0
 次を見る>


[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています